タイトル:†wilight zone~ vol,6
01/17 19:53:28◆qfFSGea3fTA
名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
0pt
早速デスガ----
『†z,6』怪始death♪

身近(サイトや噂)で見タ聞イタ、奇妙・不思議・恐怖・ブラックジョーク・雑学・笑い・NEWS・事件等の奇想天外なネタを(拾いOK)自由にレスして下サイ♪

上記等に関するネタへの感想&返レス等は、皆サン&主の重荷にナル為、ネタレスのヤリッ放シなStyleを基本とシテマス♪

興味アル方ダケ閲覧、またはネタをレスして下サイ。誹謗中傷、またはロマンの無い輩が、ネタに関シテ嫌レスをシテクル可能性ガ有りマスので、徹底してスルーしまshow----♪

主ガ何者カモ解ラヌ
マイカテに不安ヲ抱ク方ヘ…

NEUROSE=廃目(謎カテ)
過去ハンネ・Dynamite.Baby
φ(メo○)y-・~ヨロシクdeath!
画像を表示
1. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 19:58:41◆qfFSGea3fTA
↑↑↑
富士丸さん
『†z』画像作成
presentをthank you!
使わせてもらいました!
(メ▽^)ノ

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

では『†z,6』に突入する前に注意事項を…

※†wilight zone~のネタにつき、補足として画像をupする事が多々ありますが、よつばは勿論、他サイトに出回り、晒し者になるような酷い画像等は、主の判断によりupしないのでご了承下さい。

m(__)m NEUROSE



2. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 19:59:45◆qfFSGea3fTA
また、今回初めて†wilight zone~をご覧になる方で、『†z』シリーズの最初から閲覧したい場合は、去年(2012年)の

†wilight zone~vol.1
6月15日〜start
†wilight zone~vol.2
7月21日〜start
†wilight zone~vol.3
8月21日〜start
†wilight zone~vol.4
9月30日〜start
†wilight zone~vol.5
11月21日〜start

を、お手数ですが遡るか、マイカテのTOP上部にある検索からHITさせ(タイトル入力)
ご覧下さいNeee−!
φ(メo○)y-・~

3. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:02:03◆qfFSGea3fTA

『 The Restaurant
That Has Many Orders
 WILDCAT HOUSE 』


二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云いながら、あるいておりました。

「ぜんたい、ここらの山は怪しからんね。鳥も獣も一疋も居やがらん。なんでも構わないから、早くタンタアーンと、やって見たいもんだなあ。」

「鹿の黄いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞もうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわって、それからどたっと倒れるだろうねえ。」それはだいぶの山奥でした。



4. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:03:18◆qfFSGea3fTA

案内してきた専門の鉄砲打ちも、ちょっとまごついて、どこかへ行ってしまったくらいの山奥でした。

それに、あんまり山が物凄いので、その白熊のような犬が、二疋いっしょにめまいを起して、しばらく吠って、それから泡を吐いて死んでしまいました。

「じつにぼくは、二千四百円の損害だ。」と一人の紳士が、その犬の眼ぶたを、ちょっとかえしてみて言いました。

「ぼくは二千八百円の損害だ。」と、もひとりが、くやしそうに、あたまをまげて言いました。はじめの紳士は、すこし顔いろを悪くして、じっと、もひとりの紳士の、顔つきを見ながら云いました。「ぼくはもう戻ろうとおもう。」「さあ、ぼくもちょうど寒くはなったし腹は空いてきたし戻ろうとおもう。」

「そいじゃ、これで切りあげよう。なあに戻りに、昨日の宿屋で、山鳥を拾円も買って帰ればいい。」



5. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:04:20◆qfFSGea3fTA

「兎もでていたねえ。そうすれば結局おんなじこった。では帰ろうじゃないか。」ところがどうも困ったことは、どっちへ行けば戻れるのか、いっこう見当がつかなくなっていました。

風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました。「どうも腹が空いた。さっきから横っ腹が痛くてたまらないんだ。」「ぼくもそうだ。もうあんまりあるきたくないな。」

「あるきたくないよ。ああ困ったなあ、何かたべたいなあ。」「喰べたいもんだなあ。」二人の紳士は、ざわざわ鳴るすすきの中で、こんなことを云いました。その時ふとうしろを見ますと、立派な一軒の西洋造りの家がありました。

そして玄関には、



6. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:05:32◆qfFSGea3fTA

 RESTAURANT
   西洋料理店
  WILDCAT
   HOUSE
    山猫軒

という札がでていました。「君、ちょうどいい。ここはこれでなかなか開けてるんだ。入ろうじゃないか。」「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかく何か食事ができるんだろう」「もちろんできるさ。看板にそう書いてあるじゃないか」「はいろうじゃないか。ぼくはもう何か喰べたくて倒れそうなんだ。」

二人は玄関に立ちました。玄関は白い瀬戸の煉瓦で組んで、実に立派なもんです。そして硝子の開き戸がたって、そこに金文字でこう書いてありました。



7. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:06:35◆qfFSGea3fTA

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」二人はそこで、ひどくよろこんで言いました。

「こいつはどうだ、やっぱり世の中はうまくできてるねえ、きょう一日なんぎしたけれど、こんどはこんないいこともある。このうちは料理店だけれどもただでご馳走するんだぜ。」「どうもそうらしい。決してご遠慮はありませんというのはその意味だ。」二人は戸を押して、なかへ入りました。

そこはすぐ廊下になっていました。その硝子戸の裏側には、金文字でこうなっていました。「ことに肥ったお方や若いお方は、大歓迎いたします」二人は大歓迎というので、もう大よろこびです。

「君、ぼくらは大歓迎にあたっているのだ。」「ぼくらは両方兼ねてるから。」ずんずん廊下を進んで行きますと、こんどは水いろのペンキ塗りの扉がありました。



8. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:09:57◆qfFSGea3fTA

「どうも変な家だ。どうしてこんなにたくさん戸があるのだろう。」「これはロシア式だ。寒いとこや山の中はみんなこうさ。」そして二人はその扉をあけようとしますと、上に黄いろな字でこう書いてありました。

「当軒は注文の多い料理店ですからどうかそこはご承知ください」

「なかなかはやってるんだ。こんな山の中で。」「それあそうだ。見たまえ、東京の大きな料理屋だって大通りにはすくないだろう。」二人は云いながら、その扉をあけました。

するとその裏側に、「注文はずいぶん多いでしょうがどうか一々こらえて下さい。」「これはぜんたいどういうんだ。」ひとりの紳士は顔をしかめました。「うん、これはきっと注文があまり多くて支度が手間取るけれどもごめん下さいと斯ういうことだ。」

「そうだろう。早くどこか室の中にはいりたいもんだな。」「そしてテーブルに座りたいもんだな。」ところがどうもうるさいことは、また扉が一つありました。



9. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:11:26◆qfFSGea3fTA

そしてそのわきに鏡がかかって、その下には長い柄のついたブラシが置いてあったのです。
扉には赤い字で

「お客さまがた、ここで髪をきちんとして、それからはきものの泥を落してください。」と書いてありました。

「これはどうも尤もだ。僕もさっき玄関で、山のなかだとおもって見くびったんだよ」「作法の厳しい家だ。きっとよほど偉い人たちが、たびたび来るんだ。」そこで二人は、きれいに髪をけずって、靴の泥を落しました。そしたら、どうです、ブラシを板の上に置くや否や、そいつがぼうっとかすんで無くなって、風がどうっと室の中に入ってきました。

二人はびっくりして、互によりそって、扉をがたんと開けて、次の室へはいって行きました。早く何か暖いものでもたべて、元気をつけて置かないと、もう途方もないことになってしまうと、二人とも思ったのでした。



10. 名前:NEUROSE: ◆SEX/BdhgJEU
01/17 20:12:49◆qfFSGea3fTA

扉の内側に、また変なことが書いてありました。

「鉄砲と弾丸をここへ置いてください。」

見るとすぐ横に黒い台がありました。「なるほど、鉄砲を持ってものを食うという法はない。」「いや、よほど偉いひとが始終来ているんだ。」二人は鉄砲をはずし、帯皮を解いて、それを台の上に置きました。

また黒い扉がありました。「どうか帽子と外套と靴をおとり下さい。」「どうだ、とるか。」「仕方ない、とろう。たしかによっぽどえらいひとなんだ。奥に来ているのは。」二人は帽子とオーバーコートを釘にかけ、靴をぬいでぺたぺたあるいて扉の中にはいりました。

扉の裏側には、「ネクタイピン、カフスボタン、眼鏡、財布、その他金物類、ことに尖ったものは、みんなここに置いてください。」と書いてありました。扉のすぐ横には黒塗りの立派な金庫も、ちゃんと口を開けて置いてありました。鍵まで添えてあったのです。



次へ








[上に戻る] マイカテ保管庫TOPへ